New Building Institute

女性が賃貸物件を探す際に注意したいこと3選

賃貸物件のある地域の治安

女性が賃貸物件を選ぶ際に注意したいのが治安です。いくら物件自体のセキュリティが万全でも、その地域の治安が悪いと夜などの外出が危険です。仕事をしているなら帰宅が夜になる女性も多いでしょうが、その際に何かあっては大変です。そのため治安が良いところに選ぶことです。また注意したいのが閑静な住宅街です。閑静というのは静かで人もいないということ、何かあっても助けてくれる人がいないということなのです。帰宅が遅くなるような方は、閑静な住宅街よりも繁華街に近い方が安心かもしれません。

セキュリティ対策が万全か

また特に女性の場合はセキュリティ対策が万全なのも重要です。防犯カメラやオートロックはもちろん、24時間管理人がいる物件が理想です。自分はもう若くないから大丈夫という根拠のない自信はやめましょう。強盗やスリなどに合う可能性は誰にでもあるのです。セキュリティのない安い賃貸物件を選んで痛い目にあってからでは遅いのです。安心安全をお金で買うと思って、多少高くてもセキュリティがしっかりした賃貸物件を選ぶことです。

オートロックや2階以上を過信しない

オートロックや2階以上などと構造的にセキュリティが万全だから絶対安心という過信はやめましょう。オートロックであっても住民の後ろにくっついて他人が入ってくる可能性もあります。それに宅配業者などを装って侵入するケースもあるのです。同じく2階以上の物件でも、入る気になれば入れるものです。その道のプロであればよほどの高層マンションでない限りは容易に侵入できるのです。こういった事実を頭に入れて、自分自身でセキュリティ対策をすることです。

賃貸契約をする時には、源泉徴収票や納税証明書などの収入があることを証明する書類の提出を求められます。