New Building Institute

賃貸物件を借りる前に知っておくべき基礎知識

日当たりを考えるべし

日当たりが良い物件は人気です。自分は洗濯ものはコインランドリーで乾燥までするから、日当たりは関係ないという方、実は洗濯が乾くだけが魅力ではないのです。日当たりが悪い部屋はじめじめします。湿度が高いとどうなるか、部屋がカビっぽくなり、最悪クローゼットの洋服にカビが生えてしまうのです。除湿剤などを使っても日が当たらない部屋はどうしてもじめじめするので、可能であれば南向き、もしくは東向きの部屋にしましょう。

敷金・礼金についてしっかり確認

賃貸物件の契約の際に、敷金と礼金という費用がかかってきます。どちらも同じ金額のことが多いので、あまり気にしないかもしれません。しかし、実はこの2つは全くの別物なのです。敷金は退去時に部屋のメンテナンス費などを除いて返ってくるお金なのに対して、礼金は返ってきません。敷金、礼金、各家賃の1ヶ月分という物件の場合、業者に敷金2か月分にできないか交渉してみるといいでしょう。交渉が成立すれば退去時に返済される金額が増えます。

鍵の交換費は借主負担

賃貸契約時にかかる費用に鍵の交換費用があります。鍵を交換しないと前の住人が自由に出入りできることになってしまいます。そのため鍵を交換、その費用は借主負担となるのです。その際に鍵は何種類からか選べることが多いのですが、心配であるなら防犯機能が高いものがいいでしょう。特に女性の一人暮らしの場合は、少なくとも2つ鍵は必要です。面倒だから一番安いのにするのではなく、安全をお金で買うというつもりで防犯機能の高いものにするといいでしょう。

札幌の賃貸マンションは、一定期間の間は、家賃などを無料にしてくれるフリーレントを行っているので、とてもお得な賃貸マンションになっています。