New Building Institute

賃貸物件を借りることにあるメリットというのは

フットワークが軽くなります

賃貸というのは、フットワークがよいです。つまりは、何が起きても対応できる、ということです。転勤、転学、失業なんかにも対応できます。戸建て、分譲マンションの場合はそこに根付いた働き方をしないといけないので、実は腰が重くなる、というデメリットが物件の購入にはあるのです。但し、買うのにも当然ですが、メリットがあります。それは安心して住むことができるところであり、多くの人が望んでいるのはそれが理由であるといえます。

物件を買うよりもリスクが低い

物件を買うよりも極めてリスクが低いのです。だからこそ、賃貸と言う選択をあえてやっている人もいるのです。それはよいのですが、問題はいくらのところを借りるのか、ということです。これには一応は基準があります。安ければ安いほうが良いのですが、具体的に言えば、収入の25パーセントくらいにするべきです。それ以下ならばいくらでもいいのですが、30パーセントを超えるとさすがに厳しいですから、この指標は覚えておくとよいです。

メリットも多いがデメリットも

初期費用も少ないですから、住まいを確保する方法としては最も楽なのです。しかし、デメリットがないわけではなく、例えば高齢になりますと転居がとても難しくなります。基本的に貸し手は高齢者には貸したいと思わないからです。これが意外と大きなネックになりますから、よく覚悟しておくべきです。つまりは、現役のときには賃貸にして、終の棲家としては物件を買う、ということが一番良いことであるといえます。しかし、現役ならば賃貸がよいです。

札幌市中央区の賃貸マンションは、部屋を借りる形式になるので、一戸建ての様に自分で家の管理をしなくても管理人さんがマンションの管理を行ってくれます。